ヤマトヌマエビの飼い方

ヤマトヌマエビ導入の危険性

ヤマトヌマエビは粗悪な環境で扱われる場合が多いため、

ショップで購入するときは水槽からすくってもらうのがオススメです。

「小さめでお願いします
など、サイズも指定できます

量販店のパック売りやチャームで数十匹単位で買う場合も多いと思います

雑菌の侵入が非常に怖いです
チャームで50匹買って、袋の中の水の臭いを嗅ぐと臭い場合がほとんどです

夏場などで、数匹死んで到着した場合、雑菌がわいてるのが臭いで分かります

レッドビーシュリンプなどのエビが、ウィルス性の病気、ポツポツ病と言われるものになる可能性が高く

魚を飼育している方も常在菌のエロモナス菌などが急激に殖えるかもしれません

ポツポツ病もエロモナス病もほぼ完治しないので未然に防がないと泣きながら後悔するハメになります

エビの場合、フンや死骸を食べるので、そこから感染する場合も多く

ヤマトヌマエビの死因

低ph
次の日全滅しています

アンモニアや亜硝酸などが
水ができてないと徐々に弱って死にます

農薬
海外のファームの水草など注意が必要です
しっかり農薬を抜けば大丈夫です

殺虫剤

脱走

与えなくて大丈夫です
コケだけじゃなく
水草、ソイル、ろ過バクテリア、なんでも食べます

コメント