ボルビティス

特徴

ヒュディロッティが有名ですね
大切に育てると大型になり、非常に迫力があります

アクアフルール便とトロピカ便で迷ったらアクアフルールがおすすめです

好みにもよりますがアクアフルールのほうが細葉です
 

ボルビティス ヒュディロッティ アクアフルール便
 

活着の方法

活着の際、丸刈りにするのをよく聞きますが、小さい葉がヒョロヒョロとしか生えてこなくなり、せっかくいい株を手に入れても1からのスタートになってしまいます。
水草のパワーを維持するために大きな葉を数本残すのがいいと思います。

気に入らなかったら既存の葉をカットしましょう
 

コケの処理

酢でのコケ処理は処理はNGでした、茶色くなったり、穴が空いたりして時間をかけて枯れていきます
時間を計ってないですが、短時間なら大丈夫なときもありました。

大きく育てた葉が枯れるのは悲しいです。

ヤマトヌマエビの食害も注意です。
食べる物がなくなるとヤマトはボルビティスの葉を食べだします。
 

育成している種類

ボルビティス ヒュディロッティ アクアフルール便
ボルビティス ヒュディロッティ トロピカ便
ボルビティス 獅子葉タイプ カミハタ便ワイルド
ボルビティスsp カスピダータ

水草
スポンサーリンク
Blood Core

コメント